睡眠不足を解消するための習慣

睡眠不足を解消するための習慣とは!?

睡眠不足を解消するための習慣などを
紹介していますので良かったらご覧ください。

 

 

睡眠不足は社会人としてやはり避けたいですよね。

 

 

仕事にしっかり集中出来る体調整える事は社会人として当たり前とされています。

 

 

また、睡眠不足で疲れが取れないと次の日がとっても辛くエナジードリンクで何とか持ち直すという人も多いのではないでしょうか?

 

 

そんな睡眠不足を解消するためにオススメな習慣は寝る前には読書をすること、好きな香りで部屋を満たすことです。

 

 

寝る前はやはりリラックスをする事がとっても大事だと思います。

 

 

リラックスをするために欠かせないのが香りです。アロマディフューザーなど今は気軽に買うことができます。

 

 

好きな匂いを選ぶのもとっても楽しいですし、自分の好きな香りに包まれるととってもリラックスできます。

 

 

続いて読書は大人の嗜みでもあります。大人になるにつれ本を読まなくなる方が多いのではないでしょうか?

 

 

仕事で忙しくつかれてしまったり、スマホで情報を見たり、なかなか読む機会がない人が多いと思います。

 

 

そんな中で寝る前の習慣とすると自分の人間性が更に広がります。また落ち着いて読書をする事で集中力もアップします。

 

 

習慣はなるべく続けていくとこれをしたら寝るんだと体が覚えていくのでより眠りやすくなると思います。

 

 

全てオフして快適睡眠!

 

 

それまでの私は、眠くなるまでスマホを眺め、LINEの返信をしていました。

 

 

そして眠くなったら、そのまま枕元にスマホをごろんと放り出して眠ります。

 

 

でも、それだとメッセージが入ってきたら眠っていても「メッセージが入ったな」とどこかで意識し、電話が鳴ったら出ないとしても「鳴ってる」と思っていたわけです。

 

 

今まではこのスタイルで寝不足を感じたことはなかったのですが、「睡眠の質が美容に大きく係わっている」という情報を目にしてからは「寝る時にはきちんと寝よう」という考えに変わりました。

 

 

それからは眠くなったらスマホの電源を落としてから眠っています。

 

 

これだと絶対にスマホで目覚めることはありません。

 

 

睡眠中のスマホを邪魔だと感じたことはありませんでしたが、スマホに煩わされることなく朝を迎えると、なんとなくスッキリ感を得られるようになりました。

 

 

これは快適で、「睡眠とはこうあるべき」という結果に至りました。

 

 

いまでは必ずオフにしてから寝ています。

 

 

そして、できれば【PRグッスミン酵母のちからをAmazonで】
継続して服用すると効果が期待できます。

 

 

美容的な影響はジャッジするのが難しいのですが、確実にシャキッとした自分を実感しています。

 

 

快適な睡眠のために実践していること

 

わたしの快適な睡眠法を紹介したいと思います。

 

 

わたしは日頃、仕事で体がすごく疲れているものの、次の日の仕事の事や、やらなければいけない家のことを考えると、なかなかすぐに眠りにつけないことが多くありました。

 

 

しかし、睡眠や寝付きが良くなる方法についてについて、いろいろと調べ実践してみたところ、気持ちよく眠れるようになりました。

 

 

その中でも効果的だったのは、

 

@湯船にゆっくりつかる

 

 

リラックス効果のある、ラベンダーやハーブの香りがする入浴剤を入れたぬるめのお湯に
ゆっくりつかることで、気持ちが安定して眠りやすくなりました。

 

 

A自分に合った枕を使う

 

 

それまでは、雑貨屋さんで買ったクッションのようなものを枕代わりにしていたのですが、
オーダーメイドの低反発枕を購入したところ
体と首の位置がまっすぐになり、首がすごく楽になりました。

 

 

今までのものでも、首が辛いと言う意識はなかったのですが、プロに測ってもらって、自分に合ったものに変えると、本当に違いを実感して驚きました。

 

 

Bパジャマを着用する

 

 

今までは、適当なTシャツとジャージを着て寝ていたのですが、きちんとしたパジャマを着て寝るようにしたところ、
風の通りが良く、汗の吸収も良いので寝苦しさがなく、暑い夏は特に快適に眠ることができるようになりました。

 

 

1つだけではなく、様々な方法を組み合わせることで私は快適な睡眠を手に入れることができました!

 

 

遠回りでもこの方法が良いかも

 

 

悪い睡眠ばかりの人もいないし良い睡眠ばかりとれる人もいません。

 

 

人間の身体はとっても複雑な仕組みにできています。

 

 

人間の身体には無駄なところがなく精密機械のようだと言われますが、精密機械は人間が作れるけれど人間の身体は神様しか作れません。

 

 

こんな素晴らしい身体を授かったのだからもっと自分に自信を持ちましょう。

 

 

自分に自信を持つことで睡眠の質が変わることもあるのです。

 

 

自分に自信がないと小さなことでクヨクヨしてしまいがち。これが睡眠を悪くしている可能性があるのです。

 

 

小さな悩みを小さな悩みだと感じられず大きな悩みだと考えてしまう人は睡眠に問題があることが多いみたいですよ。

 

 

小さな悩み事を小さな悩みだと捉えられるようになれば睡眠も変わってきます。

 

 

プラス思考になる練習をすると遠回りなようですが良い睡眠を継続してとれるようになると思いますよ。

 

 

近道ばかり選ばないで自分に自信を持つことからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

 

睡眠時脱衣症候群の悩み

 

 

睡眠中でも寝返りをしたりするなど、体は動いています。

 

 

なかにはベッドから落ちたりする寝相の悪い人もいます。

 

 

しかし、寝相が悪いぐらいは、あまり恥ずかしいことではありません。

 

 

例えば、旅行などで他の人と同じ部屋で寝ることも、少し気になるくらいかなという感じでしょう。

 

 

しかし、今回、お話しする睡眠時脱衣症候群はより深刻な悩みなのです。

 

 

睡眠時脱衣症候群とは、睡眠中に無意識のうちに服や下着を脱いでしまう、裸になってしまうという症状です。

 

 

ある大物芸能人の寝起きを突撃取材で、その芸能人が下着を脱いだまま寝ているところが生放送されたという放送事故は記憶に新しいでしょう。

 

 

無意識のうちに裸になってしまうので、対処方法もありません。

 

 

しかも、布団のなかで裸になることは、あらぬ方向の疑いをされてしまうこともありえます。

 

 

これでは旅行に誘われてもお断りするしかなくなります。

 

 

こんな困った睡眠時脱衣症候群ですが、現在でもメカニズムや治療法ははっきりしていないそうです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ