睡眠不足を解消するための習慣

穏やかな眠りのために
何をしていますか?

 

 

梅雨入りして、体の調子を整えるのがだんだん難しくなる季節になりましたが、皆さんはいかがお過ごしですか?

 

 

体を整えるためにはまず質の良い睡眠と言うことは誰もが思うことですが、実際に何をしたらよく眠れるのかが分からないという方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

 

まずは眠りを妨げるものが何かを考えてみましょう。

 

 

夜ごはん、食べすぎていませんか?

 

 

食べてから寝るまでの時間はどれくらいですか?

 

 

仕事終わりのコーヒー、紅茶、濃い緑茶など、カフェインの多いものを飲んでいませんか?

 

 

お風呂あがりから寝るまでの時間はどれくらいですか?

 

 

冷たすぎるものを飲んでいませんか?
体の火照りは少しは冷めましたか?

 

 

寝室の照明は明るすぎないですか?
お布団の中でスマホ触ったり、テレビやパソコン見たりしていませんか?

 

 

今日の嫌なこと、明日の気になること、考えていないですか?

 

 

これらのことは全て睡眠の妨げとなります。

 

 

心当たりのあるかたは、まずはここから解消することを試してみてください。
一人でも多くの人が良い睡眠を取れることを祈ります。

 

 

考え方を変えれば眠れるようになる

 

 

睡眠不足にならないように生活していても睡眠不足になってしまうことがあります。

 

 

こればっかりは仕方がないですね・・・。

 

 

大人ですからやらなければならないことがありますし人間関係の悩みもあります。

 

 

そういう問題があると毎日十分な睡眠はとれません。

 

 

だけどそういうことにいちいちストレスを感じていると自分がダメになってしまいます・・・。

 

 

大人なんだからそれくらいのストレスはあるものだとある程度割り切ることが必要だと思っています。

 

 

昔は気持ちの切り替えがすご〜く苦手でいつまでも辛いことを引きずっていましたが、この頃そういうことに慣れてきたんだと思います。

 

 

変な話、人生に多くを望まなくなったというか、過剰な期待をしなくなったのです。

 

 

それから「べき」という言葉を使うのをやめました。

 

 

「するべき」「言うべき」という言葉を使っていると自分が苦しくなるのです。

 

 

そういう言葉をやめ自分を解放するとラクに眠れるようになると思いますよ。

 

 

悪い連鎖をどこかで解消すること

 

 

食べられないのも辛いですし動けないのも辛いですが眠れないのも辛いですよね・・・。

 

 

私は時々食欲不振になって1日1食なんとか食べる日がありますが体力がなくなるので辛いですよ。

 

 

体力がなくなると全てが面倒くさくなって必要最低限しか動かなくなるのです。

 

 

動かない生活を数日していると筋肉が落ちてきます。

 

 

そして精神的にも落ち込みが激しくなり自分を責めることも多くなるんですよね・・・。

 

 

ここまで来ると良い睡眠は期待できません。

 

 

寝ようと思っても眠れない、起きようと思っても起きられない、ようやく眠っても途中で目が覚めてしまうということが起ります。

 

 

この中のどれが1番辛いかなんて分かりません。

 

 

そのくらい全てが辛く感じます。

 

 

「久しぶりにスッと眠りにつけたかと思ったら1時間も経たないうちに目が覚めてそれ以降眠れなくなった」という状態が続くと精神的にかなりまいってしまいますが・・・。

 

 

だから悪い連鎖をどこかで解消するようにしています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ