睡眠不足を解消するための習慣

育児期間こそ睡眠をよくとりイライラ解消

育児期間こそ睡眠をよくとりイライラ解消する事が
大切です。

 

 

育児中の寝不足は誰もが感じる身体の疲れだと思います。

 

 

赤ちゃん産んでからさっそく夜中2時間おきに授乳で起きたり、夜泣きで数時間抱っこしたり。

 

 

かといって昼間寝られるわけでもなく慢性的な寝不足が続いてしまいます。

 

 

子供の成長とともに育児ストレスも増え身体が休まるときが少ないのではないでしょうか。

 

 

幼稚園に入る頃だいぶ子供も自分のことはできるようになってもまだまだ理解できることが難しく、イヤイヤやぐずぐずでついイラついてしまうことも多いと思います。

 

 

そういったイライラは実は寝不足が原因とも言われているのです。

 

 

子供の大事な育児期間、できれば笑顔で優しいママでいたいはずです。

 

 

1ヶ月前の写真でかなり成長した我が子を見ると、育児ってあっという間に過ぎてしまうんだなと寂しくなったりもします。

 

 

子供と一緒に過ごせる期間、イライラを少しでも解消するためにも睡眠時間はとっても重要です。

 

 

イライラを実感したら寝不足かも?と自分を労って睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

 

昼間の空いた時間に横になったり、夜はやめにベッドに入ることでもだいぶ変わってきます。

 

 

よい睡眠は心のゆとりを産みます。

 

 

切っても切れない関係を意識して

 

 

ちゃんとした食事を食べているとちゃんと眠れるようになりますよ。

 

 

試しにやってみてください。ちゃんとしたものを食べていると身体が強くなります。

 

 

だから長く眠れるようになるんですね〜。

 

 

眠れないとしっかり食べることが難しくなります。

 

 

慢性的な睡眠不足状態なのに食欲旺盛な人ってそうそういませんよね。

 

 

だいたい良い睡眠習慣がある人が食欲旺盛です。

 

 

この二つは切っても切れない関係ですから常に意識しておくと良いでしょう。

 

 

よく食べることは大切ですが食べるものには気をつけて。

 

 

ジャンクフードや手軽なインスタント食品ばかり食べてお腹を満たしてもダメですよ〜。

 

 

簡単なものばかり食べていると身体に大切な栄養は摂れません。

 

 

身体に必要な本当の栄養を摂るためには昔ながらの手をかけた料理が必要です。

 

 

できたら和食を食べる習慣をつけると良いですね。

 

 

日本人はどこまで行っても日本人ですから・・・。

 

 

時には遺伝子のことまで考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

睡眠の時に体が痛くなった出来事

 

 

私は最近では睡眠時に体が痛くなるので困っています。

 

 

これは寝る形が間違っているのだと思います。

 

 

しかし疲れているのであまりそういった形にはこだわることができないです。

 

 

以前はテレビで睡眠の大事な要素が説明されていました。

 

 

そして寝る形が駄目だと痛くなると言っていました。実際に私は寝ている時に動いているのだと思います。

 

 

 

現代人の睡眠は重要なのでできるだけ安全にしたいです。

 

 

私は体が痛くなったら途中で起きるようになりました。

 

 

その結果として体の向きを変化させて寝ています。

 

 

実際に睡眠時に体を気にするようになったら、あまり痛みも感じなくなって嬉しかったです。

 

 

特に私が痛くなるのは腰の辺りでした。これは恐らく腰に強い負担が掛かっているのだと思います。

 

 

睡眠の方法は色々なので研究することもお勧めです。

 

 

私は上手く寝られるように体に気を使います。

 

 

できるだけ寝ている時に体を動かさないことも大事だと思います。

 

 

私の経験では激しく動くと体に痛みが出てきます。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ