睡眠不足を解消するための習慣

よい睡眠を心がけるために

よい睡眠を心がけるために
どうしたら良いと思いますか?

 

よい睡眠は普段の生活を活動的にしてくれます。

 

 

しかし、睡眠だけをよいものにするというのは難しく、生活全体を快適にしていくことこそがよい睡眠につながっていきます。

 

 

たとえば仕事や家事など日常で疲れ果てて、すぐに寝付けるというのは一見睡眠にはよさそうですが、あまりにも疲れていると回復が間に合わず、睡眠自体もうなされたり悪い夢を見たりしてしまいます。

 

 

適度な疲れはいいのですがあまりにも無理のある活動はよい睡眠にできないこともあります。

 

 

倒れこむようにベッドに入って眠るというよりかは、少し眠る前に思いをめぐらしたり、ストレッチしたり気持ちも睡眠に入る準備をもてるぐらいな状態をキープできればよい睡眠が実現できます。

 

 

そうするには睡眠以外もできるだけ余裕を時間的にももってすごすことが大切といえます。

 

 

忙しければ忙しいほどいいという考えではなかなか実現できません。

 

 

安心感をもって一日に感謝して次の日もがんばろうと思える余裕こそがよい睡眠の心がけだと思います。

 

 

ソルフェジオ周波数でスッキリ快眠

 

 

睡眠時間はしっかりとっているのに翌朝疲れが残っていることはありませんか。

 

 

私もちゃんと寝ているのに疲れが取れないという症状がけっこう続いていました。

 

 

そんなときソルフェジオ周波数のことを知りさっそく試してみました。

 

 

ソルフェジオ周波数のなかでも528Hz周波数はDNAの修復に効果があると言われています。

 

 

この周波数を含む音楽を聴きながら眠りにつくと、不眠症が解消され安眠ができるという報告があり、528Hzを収録したCDが発売されていたり、YouTubeに音源がアップされています。

 

 

私は試しにYouTubeにアップされている音源をベッドの中で聞いてみました。

 

 

はじめは音楽の中に聞きなれない高音が聞こえ不思議な気分でしたが、気づくとすっかり眠ってしまっていました。

 

 

翌朝目覚めると気分も爽快、いつもよりスッキリと起き上がることができました。

 

 

ソルフェジオ周波数の効果は科学的に実証されていないという意見や、効果があまりにも絶大なので敢えて公表されていないという説もあります。

 

 

もしかしたら「効果があると信じているから効果が出る」というプラシーボ効果的な側面があるかもしれません。

 

 

合う合わないは個人差があるとは思いますが、一度試してみる価値はあると思います。

 

 

今では528Hzを聞きながら眠るというのは私の習慣になっています。

 

 

皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

寝る姿勢によって見る夢が変わる

 

睡眠時、悪夢にうなされたことがありませんか?できることなら、毎日楽しい夢を見たいものです。

 

 

そこで、楽しい夢を見やすくなる方法をご紹介。

 

 

あなたは睡眠時に姿勢な姿勢で寝ていますか?うつ伏せ、仰向けや横向きなど色々な姿勢があります。

 

 

寝苦しい夜もあれば、寒い日もあるので、毎日同じ姿勢で寝ることは少ないと思います。

 

 

夢を見た日は、どのような姿勢で寝ていたのかチェックしてみてください。

 

 

その姿勢を知ることで、夢をある程度コントロールできる場合があるそうです。

 

 

例えば、うつ伏せに寝るよりは、仰向けで寝るほうが肺への圧迫感が無いのでスムーズに呼吸ができます。

 

 

横向きに寝る場合は、左右の向きにより、心臓の高さが変わり血流がほんの少し変わります。

 

 

このように、微妙な体の変化が夢に影響を与える場合があるそうです。

 

 

このことから、楽しい夢を見た日の姿勢がわかれば、同じ姿勢で寝ることで楽しい夢を見やすくなるというわけです。

 

 

悪夢ばかり見てしまう人は、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ